岩崎元是&WINDY Discography

 岩崎元是&WINDYファンを自称する自分としては、きちんとしたディスコグラフィがおそらくまだどこにもUpされていない事実を重く見て、今回未CD化シングルを含めて全作品を画像付き (画像をクリックしていただくと拡大画像が表示されます。あと文字の色が微妙に違うところをクリックすると・・・)でUpすることに致しました。本来は、解散後の裏方仕事なども追いかけていくべきなのですが、その方面については実はもうかなり いろいろなHPで取り上げられており、よくまとまったものがいくつもありますので、私のところではほとんど忘れ去られている岩崎元是&WINDY時代にスポットをあてたディスコグラフィということでおおくりしたいと思います。こんなものでも今後岩崎元是&WINDYに興味を持った方のお役に立てれば幸いです。

 またさらに岩崎さんについて知りたい方は、ぜひこちらへどうぞ っ!!!

岩崎元是&WINDY are...
 岩崎元是(Vocal&Guitar)
 稲葉真弘(Keyborads)
 村中義仁(Bass&Percussion)
 関  和則(Drums)

 崩場将夫(Keybords−Stage Support)
 川上   聡(Guitar−Stage Support)
 
島山信和(Guitar−Stage Support)

 

Albums

 HEART WASH (CD:H33K20042 LP:28MS0104 CT:28CS0104)
●1986年8月
 岩崎元是&WINDYのデビューアルバムで、サウンドに統一感のあるジャパニーズポップスの実は隠れた名盤であり、ナイアガラ的なサウンドを研究する人には必聴の作品でしょう。このファーストのサウンドは今聴くと逆に新鮮で、メロディにやや歌謡曲っぽさを感じさせるものがあることと、かつまたさわやかさの中に情感溢れるヴォーカルが今のシーンにはないものを感じさせます。アレンジの隠し味(隠してない !?)に即座に気がつく人は、この岩崎元是&WINDYの作品全部を楽しめると断言しましょう。ここには岩崎氏が当時やりたかったと思しき事 (実際にはそうともいえなかったようですけれど・・・)が随所に解放されており、ふんだんに盛り込まれたストリングスなど ゴージャスな作品に仕上がっています。
 これは1986年の作品なので、ちょうど杉山清貴&オメガトライブあたりとポジションがダブって見られたこともあるのか、この後は不遇にも表舞台へ浮上するきっかけをつかめないまま2ndアルバムを発表後解散することに・・・。
の文句は「週末には二人・・・渡る風(ウィンディ)、ライムの香り(サウンド)」。

 from South Avenue (CD:H33K20075 LP:28MS0136 CT:28CS0136)
●1987年5月25日
 2ndはシングル2枚を挟んで発表され、そのサウンドは、ややもするとオーバープロデュースと言われかねない前作からすると“洗練”という言葉がフィットする方向性にシフト、AOR的リラックスムード漂う作品に仕上がっています。メインアレンジは井上鑑氏が担当、前作同様やろうと思えばできないことはなかったはずのナイアガラ的サウンドからの脱却を果たし、これはこれで味のある作品ではあります。個人的な趣味でいえばもちろんファーストを好みますけれども、2ndが駄作ということでは決してありませんので、純粋に彼の声やメロディをお好きな方はこちらも絶対に聴いておくべきです。シングルカットされた「まるで天使のように」始め、「My Little Town」など見逃してはならない佳曲が多く収録されています。
の文句は「潮の匂い、南風からの便り」。(先日このアルバムを当時リアルタイムで、しかもカセット版(!)を購入した方がいらしたのでちょっと感激)

 

Singles

 蒼い風/ステイ・バイ・ミー (1142−7 7SD)
●1984年8月?
 WINDY名義のシングルではないので、番外編ということでひとつお許しを。これは明星チャルメラのCMソングとして使用され、With喜多郎というクレジットで発売されたシングル。1984年のものなのでおそらくこれが岩崎元是氏のデビュー作という事ではないでしょうか。A・B面共に岩崎元是氏の編曲で、B面の曲は歌ものなのになぜか歌詞カードから歌詞が省略されてしまっています。サウンドについてはまだ手探り状態のためか、正直さほど面白いものではないかなー?というところです。 ちなみに、このB面の曲はWindy時代の2ndアルバムにて「I want you to stay by me」とタイトルを微妙に変更し再レコーディングされていますので、聴き比べてみましょう(といいつつ、実はごく最近同じ曲であることに気づいたりして・・・)。

 夏の翼/PARKING (7DS 0116)
●1986年5月10日
 岩崎元是&WINDYとしてのデビューシングル。東レのCMイメージソングに使用され、見事チャートヒットを記録、そのさわやかなコーラスとメロディは一聴して耳に残ります。音は大瀧詠一&山下達郎両氏の影響を思わせるもので、サビ始まりのメロディはその分厚いコーラスワークと相まってヒット性十分の名曲といえるでしょう。B面の「PARKING」は大滝詠一の「雨のウェンズデイ」を思わせるしっとりとした作品で、最後のリードアウトにはエンドレスで雨のSEが入っているというアナログならではの心憎い仕掛けが。

 サヨナラ、君のロンリネス/星空のガレージ (7SD 0131)
●1986年10月25日
 両面ともアルバム未収録のシングルで未CD化作品。A面の「サヨナラ、君のロンリネス」はこれも隠れた名曲!で、もし今後アルバム『HEART WASH』が復刻される時には、この曲をボーナスとして必ず収録して欲しいところです(っていうかもし出来ることなら再発の際はぜひ私に一言声をかけて欲しいっ!廃盤復刻計画にも投稿しちゃったし)。そのサウンドからみて『HEART WASH』のレコーディング中に録音されていたものとみてほぼ間違いなく、シングル用にとっておいた曲と思われます (なんてなことをえらそうに書いていたら、どうやら全然違うみたいでして(^_^;。武道館コンサートにて次のシングル候補曲として何曲かを演奏、そのうち拍手が最も多く人気があったのがこの曲だった ため、シングルカットになったという経緯だそうですので、『ハートウォッシュ』より全然後のレコーディングということのようです・・・)。B面はスローバラードでしっとりとした作品。ノンタイアップではあったものの、実はオリコン最高位50位のスマッシュヒットを記録していた事がご指摘により判明しました!うぅむなおさら未CD化が惜しい!!! アトダックさん情報&ご指摘ありがとうございました!

 まるで天使のように/君が残した夏 (7SD 0142)
●1987年4月25日
 引き続き東レのCMに使われた曲で、大瀧&山下両氏の影響は薄まったものの、曲はこれまた名曲。井上鑑氏のアレンジもヒカリます。これもサビ始まりなので、よくよく彼のワークスを見てみると、サビ始まりの曲が非常に多いので、ここら辺りも彼の作風を紐解く一つ重要なポイントかもしれませんね。両面とも2ndアルバム『from South Avenue』に収録されており、ミックスなどの違いはおそらくありません。

 眠り続けたい/海岸通り物語 (7SD 0149)
●1987年9月25日
 岩崎元是&WINDYとして最後のシングルで、これ以降、WINDYは解散し、岩崎氏はソロとしてもシングルはこれ以後全く発表していません。A面の「眠り続けたい」はアルバム未収録だったものの、後にポリスターのオムニバスCDに収録され密か〜にCD化されていました。曲は2ndアルバムの延長線上にあるもので、あえて何かに例えるならばミスチルの「抱きしめたい」みたいな感じの曲です。B面はアルバムからのカットで、2ndアルバムの中では一番ナイアガラっぽさを感じるサウンドになっているもので、キラキラとしたピアノの音とカスタネットがなかなかに心地よいです。

●『最新TVCFソング・主題歌 HIT! HIT! HIT!』 (H30K20128)
 ラストシングル「眠り続けたい」が聴ける唯一のCD。2ndアルバム再発の際にはボーナストラックとして収録したいところです。

●『WHITE BALLAD』 (H28R25015)
 「I want you to stay by me」が収録されており、曲の冒頭にSEがくっついている以外は2ndアルバム収録のものと同じものです。このアルバムはいわゆるクリスマスコンピレーションものなのですが、なぜに特にクリスマスに関係あるとも思えないWindyのこの曲が選ばれたのかはナゾ???です。

 

ホームに戻る

 

 

 

 

 

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー